生命保険会社向け転職エージェントランキング

生命保険会社への転職の近道

生命保険業界は転職したい業界ランキングでも常に上位に入る人気の職種です。高待遇を狙えることもあり、転職は競争率が高くなる傾向にあります。

リクルートグループが運営するリクルートエージェントなら、生命保険業界の転職事情もしっかり把握していますし、ここだけでしか見れない非公開求人も多数保有しています。転職の際はまずご登録をおすすめします!

生命保険会社の転職に有利!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェーントは、転職希望者に高い人気を誇る人材紹介サイトです。豊富な転職成功実績があり、約30万人が転職やキャリアアップに成功しています。また、業界に精通したキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、業界未経験からの転職も安心です。また、リクルートエージェンシーが主催するイベントやセミナーには生命保険会社や損害保険会社が数多く参加しています。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ママイナビエージェントは、国内最大規模の就職情報サイトと転職情報サイトを運営しているマイナビの人材紹介サイトです。創立以来、あらゆる企業採用課題を解決してきた豊富な経験を持ち、大勢の転職希望者の転職を成功させてきた優秀な人材が働いており、業界経験の有無や転職の回数などを考慮し、それぞれのケースに合わせた最適なプランの提案が受けられます。また、マイナビエージェントには豊富なリソースと独自のネットワークがあり、非公開求人や独占求人の数が多いのも強みです。他の求人情報誌や求人情報サイトでは見かけない損害保険会社の求人募集を発見することができるでしょう。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ビズリーチは国内最大級の人材紹介サイトです。管理職、専門職、グローバル人材に特化した求人情報を多数取り扱っており、高収入、高待遇の求人募集が多いことが強みとなっています。生命保険会社においては総合職や営業所長候補の求人募集が豊富です。また、有料会員制なのでサービスの品質が高く、優秀なヘッドハンターが利用者を企業に直接スカウトしてくれます。


生命保険会社の転職はしやすいのか?

生命保険をはじめとする保険業界は金融業の一種なので金回りが良く、保険自体も今や国民生活に欠かせないものなので非常に儲かっています。生命保険会社の社員(職員)は給料が高く、福利厚生が充実しており、寮や社宅も立派で良い立地にあり、社員の待遇が他業界と比較すると高水準です。そのため、生命保険会社は新卒の大学生の就職人気ランキングの上位に必ず顔を出すほどの人気を誇り、就職、転職を希望する方は毎年大勢います。また、日本人は生命保険の加入率が高く、大手の生命保険会社が倒産してしまうと社会的影響が大きいので、経営危機に陥った場合は国による補助が入ります。景気に左右されにくいというのも、生命保険会社の強みの一つです。

生命保険会社は待遇が良いので人気が高いですが、転職は比較的しやすいです。「生保レディ」という言葉がある通り、生命保険会社では女性も数多く活躍しています。性別、年齢、職歴などの条件を問わず求人募集を行っている生命保険会社は非常に多いです。生命保険会社では保険という形のない商品の提案と販売を行っているため、顧客との契約が取り付けられるかどうかというのは営業職員の手腕にかかるところが大きくなります。そのため、コミュニケーションスキルが評価されれば、それだけで入社できる可能性は飛躍的に高くなると言えるでしょう。なお、生命保険会社というと仕事が忙しく、競争が激しく、入社はしやすいが働き続けることは難しいという、いわばアメリカの大学のようなイメージを持っている方は多いようです。しかし、それも今となっては昔の話であり、現在は既存の顧客に対しての契約内容の確認と説明が重要視されているため、それほど厳しいノルマを課せられるところは少なくなってきています。

生命保険会社において、営業系や事務系の職種であれば転職も容易ですが、例えば、総合職やアクチュアリーなどの職種の場合は転職が難しくなります。総合職として採用されるのは将来の会社の管理職候補生であり、若い内からのキャリア形成が求められるため、新卒や第二新卒の方が歓迎される傾向にあるのです。しかし、生命保険会社の中には30代から40代で総合職の求人募集を行っているところも少なからずあります。アクチュアリーとは数理計算に基づき、危険率、保険料率などの算出を担当する職種です。生命保険会社の職種としてはメジャーですが、アクチュアリーの仕事には専門的知識が必須となるため、経験者、または、日本アクチュアリー会の正会員のみを採用しているところが多くなっています。

生命保険会社の採用職種・雇用形態は?

生命保険会社というと、営業を行っているいわゆる「生保レディ」をイメージする方は多いようです。「生保レディ」は外交員とも呼ばれる営業職の一種であり、基本的には個人を対象として営業を行うことになります。営業職は生命保険会社の代表的な職種の一つであり、性別、年齢に関わらず、大勢の方が働いています。

大卒の新卒採用で生命保険会社に入社する場合、採用職種は総合職、事務職、営業職などが一般的となっています。総合職は保険商品や金融商品の企画、開発、販売、資産運用、経営管理など、さまざまなビジネスフィールドで活躍する職種です。傾向として総合職は求人倍率が高く、入社難易度が最も高い職種とされています。しかし、その分だけ給料や待遇が良く、出世への道も開かれているところが特徴です。

事務職は来客対応、電話対応、各種契約手続きなど、デスクワークが中心の職種です。しかし、保険という専門性の高い商品を取り扱う性質上、事務の仕事にも専門的な知識が求められます。資産運用部門に配属になれば、株、債権、不動産などに関連した仕事を行うことになります。お茶汲みやコピーといった一般的なイメージとは異なり、生命保険会社の事務職の仕事は忙しく、始業から終業まで息をつく暇もないという部署も少なくありません。しかし、生命保険会社の事務職は他業種の事務職と比べると給与が高いというメリットがあります。特に実力主義を徹底している外資系生命保険会社の場合は、その傾向が顕著です。事務職志望の方は生命保険会社を第一志望としている方も多く、生命保険会社が大学の就職人気ランキングで常に上位をキープしている一因となっています。

新卒採用における営業職は通常の営業の他、将来的には営業職員の育成と管理なども担当することになります。営業力の他、リーダーシップやマネジメント力が必要となるため、集団行動が得意という方に適した職種と言えるでしょう。

生命保険会社はアクチュアリーという数理専門職があります。アクチュアリーは統計学や確率論に基づき、危険率や保険料率などの算出を担当することになります。

また、多くの生命保険会社では、医師の採用枠があります。生命保険は命に関わる保険を取り扱うという性質上、保険契約引受や保険金支払いにおいて、医学的な判断が必要となってくる場合があるためです。その他、生命保険に関連する医学的研究なども、生命保険会社の医師の業務内容に当たります。数理のプロフェッショナルのアクチュアリーと医学のプロフェッショナルである医師は、生命保険会社にとって欠かせない存在です。


Copyright (C) 2015-2018 生命保険会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.